メルラインはニキビ跡にどれくらい期待できる?

メルラインはニキビ跡にどれくらい期待できる?

あなたのニキビ跡は…?

あなたがこのページを見られているということは、ニキビ跡で悩んでいるのでしょうか。

 

もしそうなら、あなたはどれに当てはまるでしょうか。

 

・赤み
・色素沈着(シミ)
・クレーター

 

それによって、メルラインが役に立つかどうかが変わってくるかと思います!

 

赤み”によるもの

初期は白いニキビができますが、時間が経つと赤くなります(炎症)。

 

あれは、詰まった皮脂を好物とするアクネ菌”が増えてしまったことで起こります。

 

これがいわゆる『赤ニキビ』と呼ばれるものなんですが、
そのまま残ってしまうことで、赤いシミのような跡がポツポツと残ってしまいます…

 

色素沈着”によるもの

せっかくニキビが治ったのに黒い(もしくは茶色い)シミのようなものがポツポツと…
原因は、ニキビの炎症などによるダメージで色素沈着(シミ)が作られるからです。

 

この色素沈着を作ってしまうのは、メラニンという色素が原因です。

 

凸凹したクレーター”によるもの

文字通り皮膚が凸凹になっていて、まるで月のクレーターになったような状態のことです。

 

ニキビが炎症したり膿んでくると、真皮までダメージを受けることがあります。

 

真皮は非常にデリケートな部分であり、一度ダメージを受けると回復するのに数年以上…
場合によっては二度と元通りには修復できない部分というレベルです。

 

皮膚がごっそりえぐられたような状態で、かなりの重症!
自宅で治すのは非常に難しくて、病院でのレーザー治療が一般的ですね。

どうでしょうか。
基本的にニキビ跡の深刻度としては

 

赤み < 色素沈着 < 凸凹のクレーター

 

といった感じですね。

 

もしも、あなたがニキビ跡の凸凹クレータータイプだとすると、
あまり役立たないと考えたほうが良いです…

 

↑で触れた内容どおり、真皮までダメージを受けていて、
自力でなんとかできるレベルではないです…

 

市販や通販であるような基礎化粧品ではまず対応できないですので、
あなたがこれに当てはまる場合、皮膚科へ行きレーザー治療を受けることをオススメします。

 

これに対して、メルラインは赤み”と色素沈着”に対して期待できます!

 

なぜかというと、それはメルラインの効果・効能にこんな特徴があるからなんです。

 

■さまざまな成分による抗炎症作用
■メラニンの生成を抑えてシミを防いでくれる

 

・グリチルリチン酸2Kでニキビ予防や抗炎症作用
・ビサボロールで抗炎症、抗菌

 

などなど、そういったさまざまな成分によって炎症を防いだり色素沈着を防ぐ効果が期待できますよ!