メルラインの効率の良い使い方3ポイント!

メルラインの効率の良い使い方3ポイント!

メルラインの使い方といえば、公式ショップサイトだと以下のようになっています。

 

■使う量の目安…付属しているヘラで約2杯(2g)
■使う回数の目安…朝と夜の2回(洗顔後すぐに)
■使う場所…顔全体や首回りなど

 

ただ、どうせ使うのならもっと工夫をしてみたほうが、より効率よく美肌を目指せると思います!

 

これから、その3つの使い方について触れていきますね。

 

@.1度で終わらせない!2度塗り(重ね塗り)を駆使する

基本的には、朝と夜の計2回使うことが基本です。

 

でも、たとえば朝に1回分を半分ずつに分けて、1回目(半分)を気になる部分に塗ってから、
ある程度乾いてから、そのあとに2回目(残りの半分)を塗る、いわゆる重ね塗り”がオススメです。

 

一度にたくさん塗っても肌が吸収しきれずにベタついたり、
モロモロが出る可能性があるので、重ね塗りはけっこう良い方法ですよ!

 

A.蒸しタオルやお風呂上りなど温度が上がった状態で塗る

お肌の温度によって成分の浸透力は変わってくると言います。

 

肌が温かくなると血行も促進されますし、
角質層(皮膚表面)の細胞のスキマを埋める脂質”が柔らかくなり、成分が浸透しやすくなるそうです!

 

なんでも、25度と37度の温度差で浸透量を測定したデータによると、
浸透力に数倍もの差が出たとか!

 

なので、肌を温めるか、もしくはジェル自体を温めて塗るなどして、
より成分を角質層に染み込ませる方法は、やる価値ありです(^^*)

 

B.サランラップでより浸透!

せっかく塗ったメルラインの力を損なわないために、サランラップで密封すると良いですよ!

 

まず、事前にサランラップを顔のサイズくらいで切って、鼻と口に当たるところは穴をあけておきます。
そして、メルライン(ジェル)を顔に塗ったら、あとはサランラップを顔に乗せるだけ。

 

メルラインに限らず、お手持ちの化粧水でしっかりと保水したい場合でも、
サランラップなら水分を逃がさないので、ばっちり潤いを肌に送り届けられます。

 

サランラップはどの家にも置いてある道具ですし、コスパ最強な方法です!

 

もちろん、メルラインを使う前の洗顔方法も重要で、
ここも手を抜かずにしっかりとやるべきポイントです。

 

これについては、メルラインに同封されている用紙に書いてありますが、
参考になる動画があります。

 

【劇的泡洗顔】

 

基本的には、肌にはあまり触れないように泡を転がすようにして、
負担をかけないように意識して洗います。

 

これらを意識しながらメルラインを使うほうが、良い早い段階で実感しやすいかと思います。